星座配对
当前位置:首页>十二星座

十二星座日文版

Aries おひつじ座

テッサリアの王子プリクソスと王女ヘレーは、誰も知らないこの夜、ひそかに旅立ちます。
伝令神ヘルメスがこの兄妹のために遣わした黄金の毛の羊は、空を自由に飛ぶことができました。
二人を乗せた羊は、海を越え、コルキス島に向かいます。
おひつじ座は、秋の夜空に輝く小さな星座です。ギリシア時代には春分の日の太陽がこの星座にあったため、
黄道12星座の第1番目として重要な星座でした。


Taurus おうし座

大神ゼウスは、フェニキアの美しい王女エウロペを見そめました。
白いりっぱな牛に姿を変えたゼウスは、王女を背に乗せ海を渡り、クレタ島につきました。
白牛の背に乗るエウロペの名はヨーロッパという地名になっています。
おうし座は、冬の夜空に輝いています。
赤い1等星アルデバランや昴(プレアデス星団)という美しい星の集まりがあります。


Gemini ふたご座

絶世の美女と謳われたレダ王女と、白鳥の姿に変身した大神ゼウス(はくちょう座)のあいだに生まれた双子です。
双子のうちポルックスは神であるゼウスの血を引いて不死身の体でした。
やがて、もう一人のカストルが死んでしまうとポルックスは悲しみ、自分の不死身を半分カストルに分けて星座になりました。
ふたご座は、冬の夜空に輝いています。仲よく並んだ二つの明るい星はカストルとポルックスです。


Cancer かに座

女神ヘラが、ヘラクレスを倒すために召還した巨大な蟹の星座です。
蟹はヘラクレスに負けてしまいますが、女神ヘラにその功績をたたえられて空に上げられ、星座になりました。絵は蟹が女神ヘラにねぎらわれつつ星座になるところです。
かに座は、春の夜空に輝く小さな星座です。


Leo しし座

ギリシア神話に登場する月の女神セレネのライオンです。
月を離れて地上にやってきてからは、ネメアの谷の洞窟にすんでいました。
いかなる武器をもってしても彼を傷つけることはできませんでしたが、ヘラクレスとの格闘で敗れてしまいました。
ヘラクレスを快く思わなかった女神ヘラにたたえられ、星座になりました。
しし座は、春の夜空に輝くりっぱな星座です。胸元には一等星レグルスがあります。


Virgo おとめ座

大地の恵みをもたらす農耕の女神デメテルには一人娘ペルセポネーがいました。
ところが、ある日突然、ペルセポネーは暗黒の冥界にさらわれてしまいました。
なんとか地上に戻ることができたペルセポネーでしたが、1年のうちの4か月は冥界の女神として暮らさなければなりませんでした。
その間、デメテルは悲しみにくれるため、草木は枯れ、大地には冬が訪れるのです。
おとめ座はこの悲劇の女神ペルセポネーのすがたで、春の夜空に見られます。その手に持つ麦の穂先には美しい純白の1等星スピカが輝いています。


Libra てんびん座

黄金の時代、神々は人間とともに地上で暮らしていました。
銅の時代、神々は、争いを始め悪にそまった人間に愛想をつかし次々と天上へと去っていきました。
しかし、正義の女神ディケだけは、最後まで地上に踏みとどまり正義を説いていました。
やがて鉄の時代がおとずれると、愚行を繰り返す人間が手に負えず、未練を残しつつもディケは天へ帰っていきました。
天上へ飛び去り、星になるディケの手には、人の心の正邪をはかる天秤がたずさえられています。
ディケは星座になってからも人間の振る舞いを正義へ導くように見守っています。


Scorpius さそり座

宇宙に浮かぶ、うるおいに満ちた生命の惑星地球は、女神ガイアの姿です。
自然や人間、神々をも生み出し、はぐくんでいます。
その地球の上で、人間がだんだん動物たちの領域に踏み込み、傲慢になっているのを見たガイアは、人間にも負けない最強の動物を創ろうと思いました。
大地のエネルギーを結晶させ、小さくとも大いなる自然のパワーを秘めた蠍を生み出しました。
さそり座は夏の夜空に輝く大きな星座で、心臓のところには赤い1等星アンタレスが輝いています。


Sagittarius いて座

賢者ケイローンは、銀河の岸辺の上にひときわ明るく輝く星を見いだしました。
とぎすまされた精神によってのみ見ることができる赤い星です。
彼は弓を引き絞り、新たな知恵を今まさに獲得しようとしています。
いて座は夏の夜空で、ひときわ明るく輝く天の川の中にあります。

分享到:QQ空间新浪微博腾讯微博人人网

相关文章

©2009-2012 星座配对 宝宝起名 收藏本站